忍者ブログ
イラスト描いたりゲームしたり色々と。擬人化などもあるので苦手な方はご注意を。
[709]  [708]  [707]  [706]  [742]  [743]  [703]  [702]  [701]  [698]  [695
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(逆転した世界があればの話)











「では、僕が相手をしよう。どこからでもかかっておいで」

▼ノティカ(ジャローダ♂)
ブラックメンバーを束ねる、礼儀正しいリーダー。
穏やかそうに見えるがやんちゃ心が強く、必要とあれば平気で危険な橋を渡ることも多々。
リーダーの名にふさわしく、メンバーの少し先を行って安全確保をしているとも言える。
美男であり、格好によっては女性と間違われることもあるのだとか。そのたびに本人は笑って否定しているらしい。
恩を感じて尽くしてくれるカロッテには感謝しつつ、もう少し気楽にすれば良いのにと思っている。






「お前たちまたノティカ様の手を煩わせ……ッだから煩わしいと言てるだろ!?」

▼カロッテ(ゼブライカ♂)
ノティカに付き従う、いわば彼のお目付け役。
彼に助けられたことがあり、それを機に側に控えるようになった。
気さくな性格で大抵ことは多目に見るのだが、ノティカに関することは別のようで、それについてはとにかく厳しい。
ヴェオノとレアレドアが引き起こす騒動を止めるのはカロッテだが、カロッテにまで火がついたり、火に油を注ぐ結果になったりと、まともに収まることはあまりないらしい。





「……覚えてない。何?」

▼コバルト(アバゴーラ♀)
太古の化石から蘇る。
完全に復元されたわけではないため、右目を始め色々なものをなくしている。また異常なほどに物覚えが悪い。
一度は命を無くしているため、バトルは苦手。無理矢理出場させようものなら殻にこもって出てこない。
仲間には話の合う相手があまりいないため、外に出向いて暇を潰すことも多い。







「ボクよりカロッテさんがやった方が早……すいませんやります」
“ッハハ! 小童ごときがワタシに意見しようとは面白い!”

▼ファドラー(シンボラー♀)
古代より存在する砂漠の城の守り神。城が衰退して砂に埋もれた後も本能的に守りに徹していたという。
事故によってその身に二つの人格を宿すことになってしまい、最近では後で生じた方の人格が表に出ていることが多い。
面倒くさがりだが、根は真面目であるためなんでも渋々やってしまう。愚痴は少々。






「兄様らに気安く話しかけるなよ。この身のほど知らず」

▼ヴェオノ(オノノクス♂)
小柄なオノノクスの少年。トゲのある性格で、素直になるのが苦手。
ノティカやカロッテを尊敬して「兄様」と呼んでいる。口煩いカロッテには度々反抗することも。
自身がまだ小さく、オノノクスとして格好がつかないことを気にしているらしく、その辺りに触れると問答無用で噛みついてしまう。
背丈の大きいレアレドアには若干対抗意識を持っており、それもあって彼女相手には喧嘩になることも多い。
しかし、「格好良い」などと言っても照れ隠しで期限が悪くなるのだとか。






「ちっとも効かねーよ! 今度はこっちから行くぜ!?」

▼レアレドア(ペンドラー♀)
男勝りで暴れ好き。仲間からは“レア”と呼ばれている。
幼い頃からノティカの後をついていたためか、女らしい振る舞いはせずに育った。
カロッテとは反りが合わず言い争いになることも多いが、それよりもヴェオノとのいざこざの方が群を抜いて頻発している。
歳の近いコバルトを気にかけてはいるが、女性らしからぬ性格を苦手とされているため、あまり一緒になることはないようだ。






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
くれな
性別:
非公開
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright © 夕色日記 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]