忍者ブログ
イラスト描いたりゲームしたり色々と。擬人化などもあるので苦手な方はご注意を。
[711]  [709]  [708]  [707]  [706]  [742]  [743]  [703]  [702]  [701]  [698
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(逆転した世界があればの話)










「俺はひとりじゃ何もできないから、だから皆に助けてもらうんだよ」

▼ティオトス(エンペルト♂)
プラチナメンバーを束ねる少年。
まだあどけない部分も残っており、リーダーと言うには足らない部分もあるが、仲間の助けで上手くやっているようである。
性格は控えめであまり目立ちたがらないが、リーダーらしく振る舞おうと慣れぬ行動に移ることも多い。
バトルは好きで、勝負を挑まれれば喜んで引き受ける。戦闘に関しては控えめなんてものは関係ない動きを見せる。






「っ、照れ隠しじゃないって、言ってるよね……!? 」

▼フィノス(バクフーン♀)
SSメンバーをまとめる照れ屋な少女。
しっかり者ではあるが、それを遥かに上回る自由奔放な男性陣に振り回されている。
少し気が短いが、それは単なる照れ隠し。
足は早く、バトルではそれを活かしているが、恥ずかしい時も全速力で逃げるのに活かしている。
そんな様子だが、根は誰よりも熱く燃えている。





「どう? いいやつらでしょ、うちのメンバー。だからって変な真似したら承知しないよ」

▼サフィール(ダイケンキ♀)
ホワイトリーダーをつとめる小柄なダイケンキ。自由気ままで神出鬼没。
女らしいかと思いきや、性格はサバサバしていて度胸がある。大柄な相手にも怯まないどころか、挑発かまして煽る始末。
旅は男所帯となっているが、彼らに媚びるでも甘えるでもなく、その逆で、世間知らずの彼らが自立できるようあれやこれやと手を尽くしている。
サフィールいわく「せっかく皆いい男なんだから格好つくくらいにはさせてやらなきゃね」。
暇になれば昼寝しており、リリスの隣でうたた寝してることが多い。





「ぼっ僕は男です! 確かに女しかいない種族、ですけど……」

▼リリス(ドレディア♂)

世にも珍しい♂のドレディア。突然変異によって生まれたが、運よく大事なく成長した。
女所帯であったため周囲には男らしくなるよう育てられたものの、性格は照れ屋となんだか女々しい。
おまけに今までほぼ女性としか関わりがなかったため、仲間を始め男性との接し方がわからず、苦手に思っている様子。
長い付き合いなのもあってサフィールの側で行動することが多い。だがサフィールはそれを良しとしない。






「これは、ダメ? ……わかった 」

▼レディリエ(シャンデラ♂)
図体はでかく、神経は図太い。自我がはっきりしておらず、言葉も途切れ途切れに話す。
もとはタワーオブヘブンにいたが、サフィールについて外に出てきた。
基本的に誰かの後ろについて行動するが、大柄なゴーストなので人通りの多い場所では驚かれることが多い。だが本人は全く気にしていないようだ。
驚かれないように、普段は幻影を被せられた状態でシエイと街をまわったりしている。
仲間からはでかい弟のように可愛がられている。







「あーあーあァ……だーから話聞けって言ったっしょ。ホラ、片付けるぞ」

▼シエイ(ゾロアーク♀)
かつて棲みかの森を焼かれ、ヒウンに流れてきた化け狐。サフィール一行がヒウンを訪れた際、暇潰しにとリリスを驚かしたのが切っ掛けで一行に加わった。
目付きが鋭く近寄りがたいが、世話焼きの姉御肌。ただ怒らせると手の付けようがない。
ヒウンにいた頃はある縄張りに世話になっていたらしく、面倒見の良さはそこのボスからも受け継いでいるらしい。
男性陣の常識の無さには半ば呆れつつも、サフィール同様になんとかまともに出歩けるよう教えてやっているようだ。





「……返答しかねる。他の者に聞いてはくれまいか」

▼ジェゾ(コジョンド♂)
竜がねむる塔を守護する一族の生まれ。
見た目に違わず礼儀はいいが、良すぎるあまり堅苦しくて相手が気疲れすることも。
守護者として厳しく育てられたらしく、いつも無表情。本人も感情表現は苦手らしい。
知識はそなえているように見えるが、実際はとんでもない世間知らずであり、よくサフィールに連れられて街の散策がてら常識を叩き込まれている。





「ははは! やっぱりリリス君は面白いなあ! そんな大袈裟に反応するとは思わなかった」

▼アウイン(ウルガモス♂)
古代の城が繁栄していた時代に名高かったウルガモスの子孫。砂漠の城の地下で育った。
品のあるお兄さんかと思いきや、リリスやシエイをからかったり、ジェゾを笑わせようとあの手この手を尽くしたり、とにかく子供のように面白いことに手を出す部分を持つ。
とにかくやりたいことをやるので煙たがられることも多いが、アウイン自信は全く気にしていない。
サフィールからは「もうちょっと控えないとかっこ悪い」と釘をさされていたりする。






 

「おっ、驚かすな馬鹿者! まったく……!」

▼スイレン(ダイケンキ♀)
W2の女リーダー。癖のある面々の中心に堂々と座し、“頭領”と呼び慕われている。
誠実できっちりしているため、完璧で近寄りがたい印象を受けるが、実は相当臆病な性格。
しかし普段はそういう面をひた隠し、常に先頭に立つ。
気が弱いと知りつつも仲間が付いてくるのは、その度胸を買っているからだと思われる。
無類の勝負好きであり、戦闘に出ると途端に目の色が変わるという。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
くれな
性別:
非公開
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright © 夕色日記 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]