忍者ブログ
イラスト描いたりゲームしたり色々と。擬人化などもあるので苦手な方はご注意を。
[710]  [745]  [705]  [652]  [651]  [611]  [484]  [480]  [477]  [473]  [623
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【キャラに意外な質問バトン】
・創作キャラになりきって答えましょう。プロフ欄に書くことが増えるかもしれません。
・何人でもOK。会話形式にするのも面白いかもしれません。

指定キャラ:ブラック軍
●ノティカ●カロッテ●コバルト●ファドラー●ヴェオノ●レアレドア



長くなったのでつづきからー。



「バトンだそうですよノティ様」
「へえ、またおもしろいものをやらせていただけるんだね」
「バトン?何それおもしれえの?」
「質問に答えるの……ミー達全員で?」

「そのようだね」
「あのーやりたいことたくさんあるし早めに終わらせましょーよー」
「ですね」
「……」

そういえば補足ですがファドラーは仲間にはそれなりに丁寧語(?


●目玉焼きにかけるものといえば?

「目玉焼きって卵を焼くだけカンタンのあれですよねー」
「私はソースかな」
「僕は醤油でお願いしよー」
「俺もソースですね。ノティ様と同じです」
「(イラッ)……それじゃ、ミーもノティ姉さまとカロッテ姉さまと同じソースということで」
「Σはぁ!?」
「?どうかしたカロッテ?」
「え……あ、ああいえ、何も御座いません……(よかったばれてない;/ほっ)」
「フン」
「つまんねーな、皆ソースかよ?コバルトは?」
「目玉焼きを食べたことが無い……」(ぁ
「おおっと;あ、俺はマヨネーズだからな!」

●闇鍋をやるとしたら何をいれる?

「コバルトこれもわかんねーんじゃねぇの?」
「ああ」
「真っ暗な中で各自持ち寄った好きな具材を鍋に入れるんだよ」
「俺はモモンの実は確実だなー!あとはどうすっかな~」
「アナタ自分の好きなもの入れたいだけじゃないの」
「当ったり前だ!!嫌いなもん入れてどーすんだよ!?」
「馬鹿じゃないの。ミーはタバスコでも投入しちゃお……」
「おいお前何すんだよ!?」
「例えでしょ、例え。本気にするなんて本当に子供なのねレッド」
「ぐ……」
「今はあまりごたごた起こさないように。私は砂糖でも入れてやろうかな」
「んーじゃあ僕は塩にしておこ……」
「これじゃあ俺とコバルトでフォローできそうに無いですね(苦笑)コバルトはどうですか?」
「……最近食べた、あの……冷たいやつ。名前が出てこない」
「最近……あ、ああヒウンアイスですねってまさかそれ入れるとでも!?」
「僕できればこの先闇鍋なんてやりたくないなあ……」(ぁ

●毎週土曜の午後9時ころやっている事は?

「私は曜日に限らず仕事してることは多いけどな~」
「僕はそのお手伝いですよね」
「毎度助かるよファドラー」(にこ
「俺はカロッテとヴェオノとバトルしてること多いぜ!」
「俺は特訓のつもりなんですけどね……;」
「特訓にしろバトルにしろ、仕方なく付き合ってあげているの。感謝してよね」
「お前も特訓だとか言ってるくせによー」
「(ギロッ)お黙り」
「えーっと……;俺はノティ様のお手伝いに回ることも多いですけどね」
「コバルトさんは?そういやたまーに夜出歩いたりしてますよねー」
「……」
「……すいません言わなくってもいいですー」
●自分は攻め受けどっち?また、そのお相手は?

「僕どっちに見えますかー?」
「お前別にどっちでもいいんじゃね?」(
「ひどくない……?」
「つーかこれ男が攻めが多いのか?とりあえず俺攻めってことにしとくぜー」
「じゃあノティ姉さまとミー意外は攻めってことでいいのね」
「ははは、そうだね」
「だそうよ、カロッテ君?」
「な、何で俺に振るんですか……」

毎回思うけどもこの質問…(
これカロッテ複雑だろうなぁと思った

●行ってみたい市は?

『ワタシはまだイッシュを全て巡ってないんだよねぇ』
「あ、ファドラー入れ替わったね」
『ペンドラーの小僧に言われたのが結構ショックだったようだね。どうやらしばらく発言する気が起きないそうだからワタシと変わってもらったよ』
「それレッドのせいなんじゃ(苦笑」
「えー、俺あいつに何か言ったか?」←特に何も考えず言っていた
『おやおやおや』(クスクス
「で、行ってみたい市、この場合場所でいいかな。皆どこかあるかな?」
「俺はライモンだなー!サブウェイとかあるしよ!」
「私もそれがいいかなぁ」
「俺はノティ様に付いて行きますよ」
「ミーは――」
『おやまあ珍しいものだねぇ。いつもならそこでゼブライカを脅しているというのに』(ひそっ
「――あーもうやっぱりやめた」
「あれ、いいのヴェオノ?」
「別にいい。それよりバルト兄とファドラー様はどうなの?」
「古代の城、とか……」
『ワタシもコバルトと同じでお願いするよ』

●朝学校(or職場など)に行く時,家を出て200メートルの地点で忘れ物に気づきました。時間もあまりありません。帰る?そのまま行く?

「帰ります」
「あ、戻りましたね」
「立ち直ったんだよ……」
「俺も帰りますね。それくらい走ればなんとかなるでしょうし」
「私も走れば間に合うだろうから帰ろうかな」
「俺も帰るな!」
「ミーはそのまま行くけど。バルト兄は?」
「そのまま行く」

●版権の世界へ行けるなら,どのジャンルへ行って誰と何する?

「あ、これはパスしますね」
「あまりこういうのは考えていないみたいなんでね」

●次に回すキャラさん



「止めておこうかな。ここまで見てくださりどうもありがとうございました」


なんだかホワイト軍に比べて動いてますが面子が面子だからですよー(ぁ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
くれな
性別:
非公開
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright © 夕色日記 All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]